自動車保険 相場 おとなの自動車保険

昨日、おとといはみなさんやっぱり

24時間テレビ見ながら時間過ごされる方多かったんでしょうかね。


かくいう我が家も、嫁がそれなりの時間

24時間テレビみて過ごしていました。



私は嫁が家にいるので、代わりに買い物に行ったりと各用事を

済ませていました。


買い物は想定していた以上の量を買ってしまったようで、

帰ってから買い物品をみてぶつくさといわれてしまったのは、よく聞くあるあるですが・・・




さて、本記事でも自動車保険の相場を見ていきましょう。

今回は「おとなの自動車保険」です。


香川照之さんがCM出演しているおなじみのやつです。↓これね。




HP上では13事例のサンプルケースの補償内容および保険料が

記載されていましたが、今回は2ケースについてまとめています。

両サンプルケースともに30代のバージョンです。もっと上の年代はまた後日改めてまとめます。


保険会社セゾン自動車火災保険株式会社
商品名おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)
■契約サンプルAさん 30代
Bさん 30代 
夫婦で使用
契約者年齢36歳39歳
ステップワゴン/RP2フィット/GK3
使用目的日常・レジャー日常・レジャー
年間予想最大
走行距離
3,000km以下3,000km以下
運転免許証の色ゴールドゴールド
運転者年齢条件特約 ー ー
運停車限定特約本人・配偶者・別居未婚の子本人・配偶者・別居未婚の子
ノンフリート等級20等級20等級
事故有係数適用期間0年0年
■基本補償  
対人賠償保険無制限無制限
対物賠償保険無制限無制限
人身傷害保険5,000万円
車内・車外ともに補償
5,000万円
車内・車外ともに補償
搭乗者傷害保険あり(入通院時の医療一時金最高100万円)
無保険車傷害保険無制限無制限
自損事故保険
被害者救済費用特約無制限無制限
■車両保険  
車両保険/種類一般車両一般車両
車両保険金額180万円65万円
車両保険免責金額10万円-10万円0万円-0万円
身の回りの品
保険金額
ー 
■選べる追加補償  
地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約
対物全損時修理差額費用補償特約あり
弁護士費用等
補償特約
あり(300万円)
ファミリーバイク
特約
■年間保険料
(一括払い)
30,830円(ネット割、早割含む)22,930円(ネット割、早割含む)



サンプルケースの金額だけみると、

お!安い!!


って思います。


大人の自動車保険ってCMとかのイメージからすると

50代、60代がよりお得になるのかな?って感じを抱いていいたんですが

30代でも抑えようとすれば、ここまで抑えることができるって参考事例ですね。


搭乗者傷害保険とか、ネット割を含んだ金額ってのは

注意してみておく必要がありますが


若くてもそれなりに行けそうに見えますね。



自分の場合はどうなの??って気になる方は

一括見積もりサイトでいろんなところと比較して、要望に合うところを見つけるのがおすすめです。


自動車保険 相場 SBI損保

夏真っ盛りですね。真っ盛りというか最近は特にあつーい日が続きますね。

なかなか、寝付けない日が続いていて、ちょっとうつらうつらしてしまいがちに

なっているたくろうです。


アメリカのデスバレーは54℃越したって数日前にニュースになってましたし、

みなさん、暑さとはいい感じの距離感で過ごされていますか?

厚いからって、冷房ガンガンの部屋に一日中いたら、

それはそれで体調くしますし、無理せずいい塩梅の距離感を保てるように

気を付けながら、マスクとともに、この夏乗り切りましょう!!



さて、自動車保険の相場観を見ていきましょう。

本日はSBI損保にターゲットをしぼって保険料を見ていきます。


SBI損害保険株式会社の自動車保険「SBI損保の自動車保険」についてHP記載例をまとめています。


保険会社SBI損害保険株式会社

商品名SBI損保の自動車保険 
■契約サンプル32歳 独身女性28歳 独身女性40歳 既婚男性30歳 独身女性38歳 既婚男性
契約者年齢32歳28歳40歳30歳38歳
ダイハツ タント/LA600Sニッサン ノート/NE12ニッサン ノート/SNE12トヨタ ヴィッツ/NSP135ニッサン ノート/SNE12
使用目的日常レジャー用通勤通学用日常レジャー用通勤通学用日常レジャー
年間予想最大走行距離5,000km以下5,000km超
10.000km以下
5,000km以下5,000km超
10.000km以下
5,000km以下
運転免許証の色ゴールドゴールドゴールドゴールドゴールド
運転者年齢条件特約26歳以上補償26歳以上補償26歳以上補償26歳以上補償26歳以上補償
運停車限定特約本人限定本人限定本人・配偶者限定本人限定本人限定
ノンフリート等級16等級11等級20等級13等級20等級
事故有係数適用期間0年0年0年0年0年
■基本補償     
対人賠償保険無制限無制限無制限無制限無制限
対物賠償保険無制限無制限無制限無制限無制限
人身傷害保険3,000万円3,000万円3,000万円3,000万円3,000万円
搭乗者傷害保険なしなしなしなしなし
無保険車傷害保険2億円2億円2億円2億円2億円
自損事故保険1,500万円1,500万円1,500万円1,500万円1,500万円
■車両保険     
車両保険/種類車対車+限定A車対車+限定A車対車+限定A車対車+限定Aなし
車両保険金額115万円125万円245万円105万円-
車両保険免責金額5万円(1回目)、10万円(2回目以降)5万円(1回目)、10万円(2回目以降)5万円(1回目)、10万円(2回目以降)5万円(1回目)、10万円(2回目以降)-
身の回りの品保険金額
■選べる追加補償     
地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約-----
対物全損時修理差額費用補償特約-----
弁護士費用等補償特約-----
ファミリーバイク特約-----
■年間保険料
(一括払い)
19,820円35,780円17,090円30,580円10,650円





SBI損保の記載例の最高金額は、35,780円の例を出していますね。

そして最低金額は10,650円。これはなかなかmimの事例を出してきているかなって

感じがします。


SBI損保としては、サンプル事例を見てもらって「おっ、安!!相談してみよう!!」

ってなることを狙ってそうな気がしますね~。

最低の10,650円だと補償が物足りないから、補償そこそこで3万円付近で抑えられそうかな

って感じしますね。


最初の導入の心理的ハードルをうまい具合に下げてくれていますね。

自動車保険 割引ランキング

自動車保険会社は複数社あります。


その中でも、ネットから申しこみを行える保険会社の中には
「ネット割」を導入している企業もそこそこあります。



ネット割とは・・・新規契約時にインターネットから申し込みを
行った場合に保険金額が割引になることです。


そんなネット割を行っている自動車保険会社は

アクサ損害保険株式会社
イーデザイン損害保険株式会社
SBI損害保険株式会社
セコム損害保険株式会社
セゾン自動車火災保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
三井ダイレクト損害保険株式会社

があります。(2020年8月16日 たくろう調べ)


各自動車保険会社によって割引金額も様々です。ということで、

ネット割引金額の多い順に、

自動車保険ネット割引ランキング”  作りました!!

ネット割り引き金額の多い順にランキングつけしています。
また一部商品においては、証券不発行割引であったり、早割であったりと
割と簡単に割引可能な項目もありますので、併せてランキング化しております。


順位商品名会社名割引金額割引内訳
1位アクサダイレクト総合自動車保険アクサ損害保険株式会社20,000円ネット割:20,000円
2位SBI損保の自動車保険SBI損害保険株式会社12,500円
ネット割:12,000円
証券不発行:500円
3位総合自動車保険TypeSソニー損害保険株式会社12,000円
ネット割:10,000円
無事故割:2,000円
4位自動車保険イーデザイン損害保険株式会社11,000円
ネット割:10,000円
早割:500円
証券不発行:500円
5位おとなの自動車保険セゾン自動車火災保険株式会社10,600円
ネット割:10,000円
早割:600円
6位総合自動車保険三井ダイレクト損害保険株式会社10,500円
ネット割:10,000円
証券不発行:500円
7位セコム安心マイカー保険セコム損害保険株式会社4,000円ネット割:3,500円
番外編ドライブアシスト楽天損害保険株式会社保険金額の22%ネット割:22%

こう見ると、アクサダイレクトのネット割り引きの金額はずば抜けていますね。
あと、今回は番外編にした、楽天の”ドライブアシスト”ですが保険金額の22%が割引って、これも侮れない存在ですww



さて、この割引情報と自動車保険一括見積もりサービスを活用することで
本当にお得な自動車保険会社を見つけることができますよね? Let' try!!


自動車保険 ランキング

複数ある自動車保険一括見積もりサイトから厳選して、ランキングを作成しました。

このランキングの基準は一括見積もりを行うまでにかかる時間をもとに作成しました。
もちろん、入力時間が短いほどランキング上位ですよ!!

早い!」「簡単!」は正義です!!(謎)

時は「金(かね)なり」ですからね。 
入力の手間はかけたくないけど、いろんな保険会社を比較したいんだって方。
↓のランキングをご参考に。

1位 保険スクエアbang!

自動車保険一括みつもりはこちら

最短3分で入力が完了する簡単さ!
めんどくさいことは好きじゃないって方に
おすすめです。



自動車保険一括みつもりはこちら


2位 保険の窓口インズウェブ!

自動車保険一括見積もりはこちら

最短5分で入力が完了します。
簡単入力で最大20社からの見積もり回答がもらえます。
ちょっと手間はかかってもいいから、より多くの会社から見積もりをもらいたいって方はこちら。



自動車保険一括見積もりはこちら


3位 価格.com「自動車保険一括見積もり」

自動車保険の一括見積もりはこちら

こちらも入力は最短5分で完了!

しかも、親切に自動車保険についての情報
整理して書いてくれています。
ついつい読み込んでしまい、時間が過ぎていきがちなので
(無駄ではない)3位にしました。



自動車保険の一括見積もりはこちら




今後も、いろんな切り口でランキング作っていこうと考えていますので
応援お願いいたしますww

自動車保険 1日 ドコモ

さて今回は、ドコモ(docomo)のケータイ契約者向けの

1日単位の自動車保険


「ドコモ ワンタイム保険 1日自動車保険」についてみていきたいと思います。


※ドコモの携帯を契約している方のみが契約できる保険になりますのでご注意を。



さて、この自動車保険ですがバックボーンは「東京海上日動」の保険になります。


で、中身ですが、まず


■「ドコモ ワンタイム保険 1日自動車保険」のプラン内容

この保険も他社と同じく3プランになっていますね。

ということは、1日単位の自動車保険はすべて3プラン構成になってますね。
これは単純でいいですよね。


んで、プランの内容ですが

・車両補償なし          500円/日(24時間)

・車両補償あり(スタンダード) 1,500円/日(24時間)

・車両補償あり(プレミアム)    2,100円/日(24時間)


一番人気は「車両補償なし」プランとのこと



■申し込み手順

当然ながら、お手持ちのドコモ携帯で完結です。

「ネットワーク暗証番号」と「生年月日」を入力するだけと

本家HPには記載されております。 超簡単!


注意1:iモードケータイからの申し込みは2019年11月30日(土)をもって
提供終了しているとのことです。spモードから申し込みが可能となっているので
ご注意を。


ちなみに申し込みメニューまでは↓の手順で


spモードから

・dメニュー

   ↓

・サービス一覧(おすすめのサービス一覧へ)

   ↓

・50音順一覧へ

   ↓

・た行

   ↓

・ドコモ保険ナビ

   ↓

・ドコモワンタイム保険



注意2:次の機種は申し込みができないのでご注意を(2019年12月現在)
KY-01/P-01j/SH-02L/らくらくホンF-02j/F-03L



■複数人での運転について

損保ジャパンの「乗るピタ!」は特約を付けることで

複数人の運転も補償をつけることができたのですが

この保険も同じように特約で補償が可能な設計になっていますね。

追加人数にかかわらずに定額ってのはうれしいところです。(最大3名まで)


で、特約の追加保険料ですが次のとおり

・車両補償なし         +250円

・車両補償あり(スタンダード)  +750円

・車両補償あり(プレミアム)  1,500円



ついでに2次元コードも貼っておきますのでよろしければご活用ください。

docomo_oneday.png